株式会社 高組

PC

建設事業部

マンション管理組合さま

大規模修繕・改修工事 Q&A

大規模修繕工事・改修工事に関して、皆様から寄せられる様々なご質問をまとめました。是非ご参考にして下さい。

調査や改修時期について

Q.調査に費用はどれくらいかかりますか?
工事見積もりを提出する為の調査(簡易)費用はかかりません。ご安心下さい。
Q.大規模修繕工事の目安時期は?
下地や塗装の劣化状況によりますが、一般的には10年?15年目に外壁塗装の塗替を行うことが多いようです。屋上防水の保証は通常10年です。露出仕様でそれぞれ耐用年数は異なりますが、一般的には12年?15年目に屋上防水の改修工事を行うことが多いです。

防水工事について

Q.マンションの防水とは?
マンションの屋上・張出し及び庇屋根等に施され、降雨水・雪解け水等の侵入防止の為のものです。つねに紫外線や風雨にさらされ最も劣化の激しい部位のひとつです。
Q.屋上防水の改修には、どんな方法がありますか?
旧防水層を全面取り除く「撤去新敷方式」と、旧防水層の上から施工する「かぶせ補修方式」がございます。
Q.防水層の耐用年限とはどれぐらいですか?
防水層が劣化してその機能を失い、漏水が発生してくるようになるまでの年数は防水仕様によって違います。一概に何年という事は難しいですが、一般に仕様保証の1.5?2倍の年数といわれています。

外壁補修工事について

Q.外壁補修工事とはどのような工事をするんですか?
外壁補修工事とは、雨水侵入や外気による鉄筋の腐食等で発生した亀裂・欠損・爆裂状態の劣化した箇所を、その度合いに応じて鉄筋防錆処理・エポキシ樹脂の注入や軽量モルタル整形を施す下地補修工事と、外観の色調をととのえ見栄えを良くする塗装工事があります。
Q.なぜ外壁補修をするのですか?
マンションは主に鉄筋とコンクリートで作られています。これは酸性の鉄筋とアルカリ性のコンクリートによって中和されて耐久性を高めるようになっていますが、年数が経過するとコンクリートの収縮によりひび割れが発生したり、内部の鉄筋が錆びてコンクリートを欠落させる爆裂といった不具合が発生します。 これらを放置しておくと、ひび割れより雨水や外気が浸入し、内部の鉄筋の腐食させ建物の寿命を縮めることとなります。 このような現象を防ぐ為に、定期的なコンクリートの補修を行う事が必要となります。

塗装工事について

Q.塗料の臭いは気になりませんか?
近年は環境対応型の水性塗料を多く使用しますので臭気の心配はほとんどありません。また、溶剤塗料を選択した場合でも、養生を正しく行なうことで、室内へ臭気が浸入することを防ぐことができます。
Q.保管している材料は防犯上の問題はありませんか?
溶剤・シンナーなど、危険物の指定のあるものは、業者が当社が責任をもって厳重に管理いたします。ご心配いりません。

シーリング工事について

Q.シーリング防水工事ってなんですか?
建物の窓枠サッシの周囲、外壁財と外壁材の継ぎ目等の隙間の目地にシーリング材を充填して漏水を防ぐ工事です。
Q.なぜシーリング工事は必要ですか?
建物は地震やコンクリートの震動を逃がす為に目地を設置しています。硬い物では割れてしまうので、挙動製のあるシーリング材を充填しているのですが、年数の経過と共にシーリング材は硬化したり破断したりします。このような現象を防ぐ為に、定期的な補修を行う事が必要となります。